耳鼻咽喉科萩原医院

医療施設に限らず、機能照明では何ルクス以上といった具合に最低照度について言及される事が非常に多いです。明るいぶんにはOKと。しかし、萩原医院ではそうではありませんでした。

旧診療所でヒアリングした時のことです。外光はカーテンやブラインドで遮られ、蛍光灯は間引かれていました。作業面の照度は100〜200ルクス。細かい視作業するであろう空間としてはけっこう暗めです。その理由を尋ねたところ「診療で顕微鏡を使うので周りが明るいと見にくい」との事でした。

診察室*

そのため診察室内にも調光器を設置し、診療中に照度を落とせるようにしています。蛍光灯の明るさを落としても白熱灯の柔らかい光を残すことで、陰鬱とした空間にならないよう配慮しました。

診察室内の調光器
耳鼻咽喉科 萩原医院
所在地:東京都板橋区徳丸3-1-20シャ・ノワールN1F
写真:トップの写真と*印は Ikunori Yamamoto。 無印はLight Indusry。