耳鼻咽喉科萩原医院

耳鼻咽喉科 萩原医院
照明で知らせる待合室の状況

耳鼻咽喉科 萩原医院は東京、板橋区にある診療所です。地域に根ざした耳鼻科として40年以上同じビルで診療を行ってきましたが、至近距離で移転することになりました。

1階ファサード*

旧診療所から徒歩30秒、新しい医院はマンションの一階で全面ガラスのファサードです。今まではエレベータの無いビルの二階でしたが、一転、開かれた印象になりました。

入り口から待合室に入る*

待合室ではシーンコントローラを使用し、時間によって明るさを変化させています。シーンコントローラとは複数の照明器具の調光レベル(明るさ)をシーン(場面)ごとに記憶できる調光器の事です。

 

空間の奥が明るくなっていると心理的に入りやすい…「サバンナ効果」と呼ばれる現象を使って診療中は奥を明るく、そうでない時は逆に暗い設定にしています。そうすることで診療中 ・診療時間外の状況を照明でも表現しています。

シーンコントローラ

事例